2006年10月31日

PAIN

中島みゆき「PAIN」

1996年の夜会VOL.8「問う女」でのメイン曲です。
1999年の夜会から生まれた曲を集めたアルバム「月−WINGS」に収録。

フルオーケストラをバックに一発録りされた曲です。
夜会からの曲なので、かなりストーリー性の強い曲です。
中島みゆきさんらしい歌詞が、魅力的です。

続きを読む
2006年10月30日

この世に二人だけ

中島みゆき「この世に二人だけ」

1983年のアルバム「予感」の1曲目です。
やや気だるいイントロが印象的な逸品です。

中島さん、お得意な失恋歌です。
どうしようもない恋の歌です。



続きを読む
2006年10月19日

悪女

中島みゆき「悪女」

1981年の中島さんの大ヒット曲です。
オリジナルアルバムとしても最大にヒットした「寒水魚」にニューバージョンで、収録。

中島みゆきさんの曲に初めて興味を持ったのが、この「悪女」です。
自分の中の中島みゆきファンの原点な曲です。



続きを読む
2006年10月17日

友情

中島みゆき「友情」

中島みゆきさん1981年のアルバム「臨月」に収録されてます。
この「臨月」の中でも、特に際立った曲です。
名作です。

この「友情」、詞が魅力的であり、重たいメッセージを含んでます。
この曲を聴き続けて20年以上になりますが、未だ色褪せない強い魅力に撮りつかれてます。


続きを読む
2006年10月16日

夜行

中島みゆき「夜行」

中島みゆきさんの2001年のアルバム「心守歌」に収録。
中島みゆきさんの曲の中では、比較的新しい曲です。

この「夜行」は、「キツネ狩りの歌」や「野うさぎのように」の様な、どこか御伽噺的な要素を含んだ曲です。
又は、中島さん得意な「夜」をテーマにした曲でもあります。

続きを読む
2006年10月15日

銀の龍の背に乗って

中島みゆき「銀の龍の背に乗って」

2003年のシングル曲です。
2003年のアルバム「恋文」に収録されてます。

TVドラマ「Dr.コトー診療所」の主題歌としても有名ですね。
中島さん、この主人公の心を詞に表したそうです。

この曲「地上の星」が大ヒットした直後のシングルだった為、陰に隠れる感じもありましたが、名曲だと思います。

続きを読む
2006年10月12日

風にならないか

中島みゆき「風にならないか」

中島みゆきさんの1994年のアルバム「LOVE OR NOTHING」に収録。
丁度、「空と君のあいだに」のヒットしてた頃です。

その頃、自分的にも精神的な疲れを感じていた頃で、この曲を聴くと当時のことが思い出されます。
「風にならないか」の詞が、心に響いてました。

続きを読む
2006年10月10日

線路の外の風景

中島みゆき「線路の外の風景」

中島みゆきさんの2005年のアルバム「転生」に収録されて、2004年の夜会VOL.13「24時着0時発」で初めて歌われた曲です。
夜会から生まれた曲なのですが、この1曲だけ取っても充分に聴き応えのある曲です。

人生そのものがテーマにもなっている大きな曲です。


続きを読む
2006年10月09日

かもめの歌

中島みゆき「かもめの歌」

中島みゆきさんの1993年のアルバム「時代−Time goes around−」の最後に収録されてます。
この「時代−Time goes around−」は、セルフカバーアルバムのシリーズの一つ。

「かもめの歌」は、パトリシア・カースさんへの提供曲です。
古いシャンソンの様な曲です。
詞は、重たいです。

続きを読む
2006年10月08日

萩野原

中島みゆき「萩野原」

中島みゆきさんの1992年のアルバム「EAST ASIA」に収録されてます。
その前年の夜会VOL.3「KAN(邯鄲)TAN」にて、未発表曲として歌われました。

ノスタルジー溢れる曲です。
子供と大人の垣根。
そんな垣根を越えた世代から、垣根の後ろ側を振り返る。

「となりのトトロ」的要素を含んだ「萩野原」です。

続きを読む
2006年10月07日

野ウサギのように

中島みゆき「野ウサギのように」

中島みゆきさん1988年のアルバム「グッバイガール」に収録されてます。
それまでの御乱心時代のアルバムから一新し、どこか懐かしく、それでいて新しい中島みゆきの誕生を彷彿させてくれるアルバムです。

このアルバムから、瀬尾一三さんがプロデューサーとして大きく関わることとなります。
その懐かしく新しいアルバム「グッバイガール」の1曲目が、「野ウサギのように」です。

続きを読む
2006年10月05日

あたいの夏休み

中島みゆき「あたいの夏休み」

1986年のシングル曲です。
画期的な曲です。
未だかつて無い、ある意味、風変わりな曲です。

ズザザザンザ〜♪
初めて聴いた時、イントロにビックリ。
「中島みゆきだよな〜?」なんて一瞬耳を疑いました。

続きを読む
2006年10月04日

中島みゆき「縁」

中島みゆきさんの1983年のアルバム「予感」に収録。

余談ですが、当時「オールナイト・ニッポン」にて、レコーディング中、ディレクターがこの「縁」を「緑」と言った!発言エピソードを思いします。

「縁」は、大きなテーマの曲です。
中島さんは、縁を問いかけることで、「縁」の大切さを表してます。


続きを読む
2006年10月03日

信じ難いもの

中島みゆき「信じ難いもの」

昨日の「泥海の中から」の続きの様な曲です。
中島みゆきさんの1979年のアルバム「親愛なる者へ」に収録。

「泥海の中から」が動的な詞に対し、「信じ難いもの」は、静的な詞の内容です。
内観のイメージです。


続きを読む
2006年10月02日

泥海の中から

中島みゆき「泥海の中から」

中島みゆきさんの1979年のアルバム「親愛なる者へ」に収録。
この「泥海の中から」は、その次に挿入されている「信じ難いもの」と曲間に空白が無く、繋がってます。
なので、詞の内容からも続き物の様なイメージを受けます。

その続き物の最初の方の「泥海の中から」について述べてみたいと思います。


続きを読む
2006年10月01日

極楽通りへいらっしゃい

中島みゆき「極楽通りへいらっしゃい」

中島みゆきさんの1985年のアルバム「miss M」の1曲目に収録。
どこか異空間を感じさせる、やや不気味なイントロが印象的。
全体的に濃い霧に包まれてる深夜を連想させます。

中島さんの歌い方も低いトーンで、怪しげな歌い方です。
でも、どこか優しく大きく包み込むようなイメージも強いです。


続きを読む
 iTunes Music Store(Japan)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。