2006年08月16日

時代

今まで何回、中島みゆきの「時代」を聴いただろうか?
自分の人生の節目毎にこの「時代」が流れてた様な気がします。

どんなに悲しいことが遭っても、どんなに苦しいことがあっても、きっと乗り越えられるさ!
時間が、解決させてくれるさ!

そんな風に聴こえてきます。

実際に人生に困難は付き物です。
失恋、失敗、挫折を繰り返します。
だけど、気が付くと立ち直ってます。

この歌の通り、自分も何度も経験しました。
受験の失敗、仕事に失敗、人間関係のトラブル、失恋…。

あんなことあったな〜。
こんなことあったな〜。
辛かったな〜。
だけど、何とか乗り越えたな〜。

「だから今日は、クヨクヨしないで、今日の風に吹かれましょう」

と、中島みゆきさんは、歌ってます。
中島みゆきさんの全ての曲の根本がこの「時代」に表れている様な気がします。

最近スピリチュアルブームですが、この曲は、当にそれを暗示させてます。

「今日は、別れた恋人達も、生まれ変わって巡りあうよ」
「今日は、倒れた旅人達も、生まれ変わって歩き出すよ」

中島みゆきさんは、きっと生まれ変わりを信じているのだと思います。

「旅を続ける人々は、いつか故郷に出会える日を」

この故郷って、きっと魂の故郷のことだと思います。
魂の故郷、あの世のことですね。
あの世から、この世に旅をしに来て、色んな経験をして、いっぱい泣いて、いっぱい笑って…。
そして、いつかあの世に帰っていく。
そして、又いろんな経験する為にこの世に旅をしにやってくる。

私は、この中島みゆきさんの「時代」をこう捉えてます。



徳永英明さんの「時代」です。↓



ニコニコ動画でゆずの歌う「時代」を見付けました。
これ、なかなか良いです。↓


以下、Amazon.co.jpでの「時代」が収録された中島みゆきのCDの紹介です。

中島みゆき/私の声が聞こえますか(アルバムバージョン)
中島みゆき/Singles(オリジナルシングルバージョン)
中島みゆき/時代-Time goes around-(93年セルフカバー、イントロ挿入部に世界音楽祭での音源入り)
中島みゆき/Singles II(93年セルフカバー)
中島みゆき/大吟醸(93年セルフカバー)
中島みゆき/元気ですか(93年「時代-Time goes around」と同じ)

カバーアルバムオムニバス/元気ですかでは、「時代」を徳永英明さんがカバーしてます。

ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
覇龍社会です。こんばんわ。コメント&TB有難うございました。
黄色い犬さんはファン歴26年とのことで、そんな純ファンの人にあのいい加減感想を見られたのかと思うと非常に恐ろしいような恐縮な気持ちです。向こうにも書きましたが広い心で接して頂ければ幸いです。

さて「時代」についてですが、原則として週一しか中島みゆきを聞かない非ファンの私が平日にCDを引っ張り出して聴くことがある位の曲で、これはこの曲がファンに対してのみではなく、大変普遍的な魅力を持つ証拠だと思います。
覚えやすくて印象的な歌詞、優れたメロディーなど一般受けする要素は勿論のこと、聞く度に詞の意味がじわじわと浸透してくるような、繰り返し聴きたい魅力に溢れた曲だと思います。

ところで相当の回数を聞き込まれた黄色い犬さんと私では当然浸透の具合が異なるわけですが、私の解釈では「生まれ変わる」は文字通りには受け取らず、「生まれ変わったつもりで現世を生きていく」という意味と捉えています。
悠久の時の流れや輪廻を感じさせる歌詞なので、その視野は非常に広いと思いますが、注視点はまさに今時点、リアルタイムで苦しんでいる人であり、そんな人をリアルタイムで励ます曲だと考えています。

以上、のっけから長文&解釈論ですいません。気が向いたらまたTBなどやって下さい。
Posted by 覇龍社会 at 2006年08月27日 20:48
覇龍社会さん、コメントありがとうございます。

「生まれ変わる」は文字通りには受け取らず、「生まれ変わったつもりで現世を生きていく」

なるほど、そう言う解釈もあるんだ!
と、思いました。
確かにそうですよね。
妙に納得しました。

中島みゆきさんの曲は、いろんな解釈の仕方が出来ますね。
それで良いと思います。

リアルタイムで励ます曲!
これは、同感です。
私もその時その時で、この「時代」に励まされてきましたからね。

御意見、本当にありがとうございました。
独りで勝手に解釈して書いてるので、これ読んだ人達、どう思うんだろう?と不安でした。
なので、ホント貴重な意見、嬉しいです。

あと、コアなファンであっても、そうでなくても関係ないですよ。
中島みゆきの曲が好き。
これだけで充分です。
中島みゆきのコアなファンは、むしろそう言った人達にもっと中島みゆき曲を聴いてもらいたいし、感想なんかも知りたいのだからね。

覇龍社会さんのサイト、又拝見しに行きますので、気にせず好き勝手書いて下さい。
Posted by 黄色い犬 at 2006年08月28日 18:41
みゆき先生の中の語り継がれる名曲の中で一番古いと思います。『時代』という曲。なぜか微妙に泣けてくるようになってきました。滅多に泣かない私が。。。アンチ中島ファンもこの曲だけは拒めないとおもいます。これからもこの曲のような人生を歩むことになるのでしょうけど絶対心のどこかを支えてくれると思ってます。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年01月11日 19:29
中島みゆきさんのルーツ的な曲ですね。
この曲が今でも抜群に人気があるのは、それだけ名曲だからでしょう。
(当たり前ですがね)

この先もきっと残っていく曲ですね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年01月12日 00:07
同じところにすみません。
文化庁、日本の歌百選を決定。
と,いうことなんですが,ここに中島先生の『時代』が入っていました。すでにご存知のことと思いますが私はかなり嬉しいです。これからもこの曲が子供達に受け継がれるというのですから。一人で万歳です。他には『川の流れのように』『世界に一つだけの花』だそう。。。是非一度ご覧になってください。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年01月14日 19:23
ネットで見てみました。
童謡に混じって、「時代」が入ってました。
山田耕筰や滝廉太郎と肩並べてますね。
この選歌、的を得てると思いました。

教えてくれて、ありがとうございました。
Posted by 黄色い犬 at 2007年01月15日 18:34
面白い見方だなぁ、と、今までちょくちょくこのサイトを覗かせていただきました。始めてコメントします。
簡潔な言葉で人やその人生の廻りを表現できるのはなかなかどうしたものだと、ただただ感嘆するばかりです。
そういえば、浜崎あゆみさんの「SEASONS」も「時代」と同じテーマ性の曲で、パクリではないか!と一部で叩かれた作品がありますが、そちらもなかなか聞き応えがあります。
Posted by at 2007年02月26日 16:34
面白い見方だなぁ、と今までちょくちょくこのサイトを覗かせていただきました、
始めてコメントします。
簡潔な言葉で重大なテーマを表現しているこの曲はなかなかどうしたものだと、
ただただ感嘆するばかりです。
 そういえば、浜崎あゆみさんの「SEASONS]という曲も「時代」と同じテーマを歌った作品で、一部ではパクリじゃないか!と叩かれたものがありますが、そちらもなかなか聞き応えのあるので、暇があったらぜひ聞いてみてください。
Posted by 桟敷童子 at 2007年02月26日 16:39
桟敷童子さん、はじめまして。

浜崎あゆみさんの「SEASONS」知ってます。
でも「時代」と関係してたなんて初めて知りました。
そういう風に考えなく聴いてたので、ちょっと不思議な感じがします。
個人的には「SEASONS」の入ったアルバムが好きでした。
「Dyty」と言う曲が良いと思います。
この人も詞に魅力がある人ですね。

コメント、ありがとうございました。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月26日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。