2006年08月24日

サーモン・ダンス

中島みゆきさんは、1989年から「夜会」と言うコンサート(中島みゆきさんは言葉の実験劇場と言ってます)を続けています。

「夜会」については、別の機会にお話しますので今回は、その「夜会」の為に作られた、比較的新しい曲「サーモン・ダンス」を紹介したいと思います。

この曲は、中島みゆきさんの「夜会 VOL.13 24時着 0時発」で初めて歌われました。
その後、2005年の秋に発売されたCD「転生」で新たに歌い直されました。

最近の中島みゆきさんの曲の中では、大好きな1曲です。
「生きて泳げ、涙は後ろへ流せ!」
「向かい潮の彼方の国で、生まれ直せ!」

これがサビの部分です。

躍動感があり、元気付けられる曲と詞です。
なんとなく名曲「ファイト!」(この曲についても後日記述予定)をイメージさせます。

「夜会 VOL.13 24時着 0時発」を観てないとわかり辛いかもしれませんが、この曲は、「時代」と同様に生まれ変わりをテーマにしていると思います。
アルバムのタイトル「転生」からも、それがわかりますね。

輪廻転生。
中島みゆきさんのテーマの一つです。

「たくさんの魂が待ってる」や「生まれ直せ!」

最近話題のスピリチュアル的な歌詞が気に入りました。

「夜会 VOL.13 24時着 0時発」では、この歌詞通りの演出と言うか、演出に合わせて、この曲が効果的に使われてます。
迷ってしまった鮭(サーモン)達の為に、本来行くべき川の流れへの道!
その道への鍵を中島みゆきさん扮する主人公が見付けるシーンです。

しかし、実際CDでこの曲だけをじっくり聴いてみると、印象が少し変わります。
あくまでも個人的解釈です。
それは、浄化出来てない魂(未浄化霊)が、主人公と例えて

魂の故郷へ行こう!
未練は、断ち切るんだ!
そして今世で果たせなかった想いを今度こそ果たす為、生まれ直そう!


そんな風に聴こえてきます。
あの世への道に迷った魂の想いを綴った詞の様な感じを受けます。

実際、この「夜会 VOL.13 24時着 0時発」においても、主人公の死を予感させるオープニングとエンディングが印象的でした。

中島みゆきさんも実は、スピリチュアリストでは無いか?と思ってます。
特にこの曲が収録されてるCD「転世」は、スピリチュアルな印象を受けます。



以下、Amazon.co.jpでの「サーモン・ダンス」を収録したCDの紹介です。
中島みゆき/転生
「夜会」のDVDの紹介です。
中島みゆき/夜会 VOL.13 24時着 0時発

ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
中島の直球勝負なところが見られます。是を演歌調にすれば村田英雄が歌いそうな感じで。。。地味に感動的な曲ですね。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年01月24日 19:19
村田英雄は、思いも付かなかったです。

「夜会」では、踊りながら歌ってました。
凄く印象強い曲です。
Posted by 黄色い犬 at 2007年01月24日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。