2006年08月31日

ノスタルジア

「いい人にだけめぐり会ったわ、騙されたことがない」
「いい男、いい別れ、そしてついにこのザマね」

中島みゆき「ノスタルジア」

1985年に発売された、中島みゆきさんのアルバム「miss M」に収録された曲です。
当時、高校生だったような!

サビの「ノスタルジア〜ノスタルジア〜」が印象的ですね。
当時、印象的を通り越して、違和感を感じてましたが。
歌詞だけを平たく追うと、失恋ソングです。

恋に破れた主人公のやけ。
堂々巡りの結論。
それから、本心を隠す心の本音。

「泣いてないわ悔やまないわ、もう1杯お酒頂戴」
「嘆かないわ愚痴らないわ、もう1本タバコ頂戴」

終わってしまった恋を美化して終止符を打とうとする心。

「次のバスから降りて来る人、もう1人待たせてね」
「泥のしずくを流すワイパー、もう1人待たせてね」

終わってしまった恋にまだ執着している心。

この2つがぶつかり合って、葛藤している様子が窺えます。
そして「ノスタルジア〜」
恋人と上手くいっていた頃をしくこいくらい想う気持ち。
中島みゆきさんの定番ですね。

個人的に3番の歌詞が好きです。

「傷ついてもつまずいても、過ぎ去れば物語」
「人は誰も過ぎた日々に、弁護士をつけたがる」
「裁かないでね叱らないでね、思い出は物語」
「私どんな人のことも、天使だったと言うわ」

これ、必死に終わった恋の相手を恨まないように、自分に言っている様なきがします。
別れた相手への思いやりが、感じられます。
どんな別れにしたって、悲しい筈なのに、それでも相手に対して、優しい気持ちが溢れてます。

この頃の中島みゆきさんの曲、こう言う詞が増えてきました。
70年代〜80年代初めは、相手に対しての怒りとか恨みとか、そんな詞が多かったです。
80年代半ば頃から、別れた相手への思いやりを含めた詞の内容が多くなりました。

この「ノスタルジア」は、80年代半ばの中島みゆきさんの典型的な曲調だと思います。


話は変わって、この頃の曲調の一つとして、後藤次利さんのアレンジが印象的です。
ロックと言うかテクノと言うか、それまでの中島みゆきさんには無いアレンジが、この頃から増えてきました。
従来からのファンから、ソッポを向かれかけた時期でもありましたが、個人的にこの頃の曲調が好きです。

その後、その反動からか、工藤静香さんの提供曲でヒットを出したり、別の形で後藤次利さんとのコンビネーションが開花することとなりました。

以下、Amazon.co.jpでの中島みゆきさんの「ノスタルジア」が収録されたCDの紹介です。
中島みゆき/miss M

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
ココの所 中島みゆき ばかり
聞いてますよ。

今日は、miss M. です。

麗しの80年代です

Posted by 月野 at 2006年08月31日 23:08
月野さん、はじめまして。
「miss M」とは、タイムリーな。
これレコード持ってまして、当時としては、画期的な中島みゆき作品でした。
ロックとかテクノとか音楽面に力入れてましたね。

又その内「miss M」からの曲を紹介しますので、お楽しみに。
Posted by 黄色い犬 at 2006年09月01日 00:11
はじめまして☆
「人気BLOGランキング」で「中島みゆき」で検索したらここにたどりつきました。

みゆきさん大好きです。
アルバム、シングルズ、夜会のDVDなどほどんどすべての作品を持ってます。

ノスタルジア・・・大好きな曲の一つです。
私も3番目の歌詞が好きです。
この「miss M」というアルバム自体がとても好きでもあります。

これからもちょくちょく遊びに来ますのでよろしくお願いします。
Posted by 刹那 at 2006年09月01日 18:39
こんにちわ♪『missM』ってみゆきさんの【M】なんですか?みゆきさんのいろんな評価本に書いてあった気がします。ノスタルジアも大好きです!!HALFも切ないですが、一番このアルバムの中で好きです。あや
Posted by あや at 2006年09月02日 08:37
刹那さんへ

はじめまして。
私も大体すべての中島みゆき関連CD、DVDを持ってます。
どうせなので、1曲1曲論じていこうと思ってます。
「miss M」は、どちらかと言うと、マニアックなアルバムですね。
この中の「ショウタイム」とか、最初に聴いた時、画期的と言うか、ぶっ飛びました。

これからも宜しくお願いします。

あやさんへ。

このM
やはりみゆきさんのMだと思ってます。
この前にセルフカバーの「御色なおし」が出て、いよいよ結婚か?
と思ったら、次が「miss M」!
この辺、面白いですね。
何か意図が感じられます。
Posted by 黄色い犬 at 2006年09月02日 22:24
80年代のみゆき作品で後藤氏の活躍は消せませんね。中島先生の売上も落ち着きだした頃にもこんな名曲があったんだなあと思います。この頃の表現力が今の活躍に結びついてるものもあると思います。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年04月14日 15:57
後藤次利さんが、この頃アレンジャーで活躍してましたね。
中島みゆき御乱心時代に大きな影響を与えました。
Posted by 黄色い犬 at 2007年04月15日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23077041

この記事へのトラックバック

roulette software
Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。
Weblog: roulette software
Tracked: 2006-10-13 15:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。