2006年09月19日

彼女の生き方

中島みゆき「彼女の生き方」

中島みゆきさんの初期の名曲「彼女の生き方」。
2作目のアルバム「みんな去ってしまった」の2曲目に収録されてます。

この「彼女の生き方」を初めて聞いた頃は、歌詞が難解でした。
だけど、直ぐに好きになりました。
この曲も「オールナイト・ニッポン」のエンディングで初めて聴きました。
「酒と薬で体はズタズタ、忘れたいことが多すぎる」
「別れを告げて来た中にゃ、いい奴だって居たからね」

「死んでいった男たち、呼んでるような気がする」
「生きている奴らの、言うことなんか聞かないが」

「彼女の人生、いつでも晴れ」

詞がね、当時中学生だった自分には、難しすぎました。
今でも、難しいです。

でも、何故か大好きな曲です。

ボロボロになった精神状態。
そんなイメージがあります。

「死んでいった〜」「生きてる奴らの〜」
この辺りの歌詞、意味深です。
未だに難解です。

なんとなくですが、何か裏にメッセージが隠されているような気がします。
戦争、学生紛争、又は中島さんのお父さん等。
いろいろ連想させます。
未だ、はっきりとわかりません。

そして、「彼女の人生、いつでも晴れ」」

彼女とは、誰?
昔から、この曲を聴くと、一体誰のことを言っているのだろう?と考えてみたものです。

別れた恋人の新しい恋人?
特定の誰かじゃ無く、道行くカップルの女性?
それとも…?

これも、幅が広くて、わかりませんね。


「そうさあたしはタンポポの花、風に吹かれて飛んでゆく」
「行きたい町へ行きたい空へ、落ちると思えば飛び上がる」

「浮気女と呼ばれても、嫌いな奴には笑えない」
「おかみさんたちよ!あんたらの方が、あこぎな真似をしてるじゃないか」

「彼女の人生、いつでも晴れ」

2番になると、中島さんが、もはや何を言おうとしているのか、どうでも良いような感じになります。
難解です。
しつこいようですが、大好きな曲です。

自由に生きている主人公、それに対し色眼鏡で見ているおばさん達。
そして「彼女の人生、いつでも晴れ」

う〜ん、彼女?
おかみさんのことじゃ無さそうですね。
思うに、ふと我に返って、ある彼女のことを思い出したのか?


「思い通りには動かない、世の中なんて何もかも」
「だけど、あたしだって世の中の、思い通りなんか動かない」

「彼女の人生、いつでも晴れ」

好きな歌詞です。
自分も何かあって、体制的なものに反発する時、ここの歌詞の部分を思い出します。

彼女?
もしかしたら自分。
いや、やはり、そうは言っても、他人が幸せに見えてしまう。
そんな心境を歌っているのかもしれません。

そう考えると、1〜2番の歌詞の謎も少し解けそうです。


「ああ今日もまた裏街は、うわさ話の花盛り」
「浮気な風を追い払え、裏切り者を叩き出せ」

「そうさあたしはタンポポの花、風に吹かれて飛んでゆく」
「行きたい町へ行きたい空へ、落ちると思えば飛びあがる」

「彼女の人生、いつでも晴れ」

世の中と闘ってる、中島さんの心境。
そんな感じもします。

所謂、彼女とは、特定の誰かかもしれませんが、世を上手く渡ってる人のことを言ってるのではないでしょうか?
世に馴染んで、上手く渡っている人たちの方が、幸せそうに見える。
そんな気持ちなんじゃないでしょうか?
あくまでも仮説です。

「タンポポの花」等、自由に生きている、ある意味強い気持ち。
それと、世渡り上手に生きている人(彼女)への妬ましさ。

この「彼女の生き方」は、強い気持ちと弱い気持ちの対照を歌ってるのかもしれません。

それにしても、未だ難解な「彼女の生き方」。
難解故に好きです。
メロディも大好きです。


以下、Amazon.co.jpでの「彼女の生き方」を収録したCDの紹介です。
中島みゆき/みんな去ってしまった

「みんな去ってしまった」を収録した夜会DVDの紹介です。
中島みゆき/夜会 VOL.5~花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に~


ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
私にも黄色い犬さんの当時と同じように私もわかりません。こう,どの観点で見ればいいのか全く意味不明です。でも,らしさが出てて生き方をこれから研究です。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年02月20日 21:05
半年前の記事で、自分でも「こんなこと書いたんだ!」と思いました。

確かに未だに難解な曲です。
この曲、メロディが良いですね。
アレンジも好きです。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月20日 23:04
この歌、好きで最近よく聞いたりギターを弾いて歌ったりしてます。
中島みゆきの歌詞はけっこう彼女の人生の寓意になっているのではないでしょうか。

この歌の全体は「彼女」の言葉と考えていいと思います。
学校の作文だと、カギカッコ(「   」)に入れるべき部分です。
ただ、「彼女の人生いつでも晴」という部分だけが、引用符(「   」)の付かないいわゆる「地の文」なのです。
で、その「彼女」と三人称で書いている人物に、作者が自身を仮託して投影していると思います。

あと、もう一か所『浮気な風を追い払え、裏切り者を叩き出せ』という部分は「裏街」の「うわさ話」の部分です。
ここは「彼女」による会話の中のさらに会話なので二重カギカッコ(『   』)に入れましょう。
誰がうわさ話をしているかといえば、「おかみさたち」です。
される側なのが「あたし(=彼女)」「タンポポの花(=浮気な風)」です。

なかなか一人の人との恋を成就できない「彼女(=あたし)」のことをちょっと自嘲気味に、でも同時に、あたしにはあたしの生き方があるのよ! とある種カラッと歌っているのでは?

5年以上前の記事に、いきなりお邪魔しました。
Posted by 茂作 at 2012年07月15日 22:27
私も、「彼女=みゆき」だと思って聞いてきました。
Posted by 15va at 2016年01月29日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。