2006年09月24日

時刻表

中島みゆき「時刻表」

中島みゆき9枚目のアルバム「寒水魚」に収録。
このアルバムは、「悪女」のヒット後に発売されたアルバム。
年間チャート1位でした。

「時刻表」は、現代人のテーマソングの様な気がします。
それから20年以上たった今も尚、変わらないテーマです。

「街頭インタヴューに答えて、私やさしい人が好きよと、やさしくなれない女たちは答える」
「話しかけた若い司会者は、またかとどこかで思いながら、ぞんざいに次の歩行者をつかまえる」
「街角にたたずむポルノショーの看板持ちは、爪を見る」

皮肉とも言える、何気ない街角の場面を描いてます。
なんとなく物悲しい、それでいて現実的な街のシーンです。

「きのう午後9時30分に、そこの交差点を渡ってた、男のアリバイを証明できるかい」
「あんなに目立ってた酔っぱらい、誰も顔は思い浮かばない、唯そいつが迷惑だったことだけしか」
「尋ね人の写真のポスターが、雨に打たれてゆれている」

歌詞は、あくまでも語り手として、冷静に語っていきます。
冷静なんだけど、情の様なものも感じます。
情を求めているかの様な感じも見受けられます。

「海を見たといっても、テレビの中でだけ」
「今夜じゅうに、行ってこれる、海はどこだろう?」
「人の流れの中で、そっと時刻表を見上げる」

ここで、初めてタイトルの「時刻表」と言う言葉が出てきます。
この歌詞が、物凄く生きてます。
街の冷淡なシーンから、海へ。
海に癒しを求めている語り手(主人公)の心の表れです。

「満員電車で汗をかいて、肩をぶつけてるサラリーマン、ため息をつくなら、他でついてくれ」
「君の落としたため息なのか、僕がついたため息だったか、誰も電車の中 わからなくなるから」
「ほんの短い停電のように、淋しさが伝染する」

個人的に、昔東京で電車通勤してた頃を思い出します。
仕事帰りの満員電車内、皆無口で表情が険しく疲れきってました。
そんな自分も他人から見たら、同じ様に写ったに違いありません。
まさにこの曲と同じ心境に陥ったこと、そしてこの「時刻表」が、ふと脳裏をよぎったことを思い出しました。

「誰が悪いのかを言いあてて、どうすればいいかを書きたてて、評論家やカウンセラーは米を買う」
「迷える子羊は、彼らほど賢い者はいないと思う」
「あとをついてさえ行けば、なんとかなると思う」
「見えることとそれができることは、別ものだよと米を買う」

中島さんがこの曲で言いたいことが、ここで表れます。
強い者になびいて行けば、楽だろう。
でも、それで良いの?
そんな風に聴こえてきます。

「田舎からの手紙は、文字がまた細くなった」

一瞬「ホームにて」を思い出させる歌詞です。
この一文、大きいです。
自分も満員電車の中で、田舎を思い出したりしたので。
「文字が細くなった」
年老いていく両親のことが脳裏に浮かぶんです。

「今夜じゅうに、行ってこれる海はどこだろう」
「人の流れの中で、そっと時刻表を見上げる」
「人の流れの中で、そっと時刻表を見上げる」

世の中に対してのメッセージソング「時刻表」。
未だ変わらない世の中で、この曲の持つ力は大きいです。
中島みゆきの名曲中の名曲です。

中島さんは、アルバム「寒水魚」の中で、この「時刻表」をしっとりとややか細く歌ってます。
昔、国技館でのライブにて、ギターの弾き語りで歌ってたことも印象に残ってます。

寒水魚
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2001-04-18
おすすめ度:4.5


ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆき「時刻表」をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
81年ごろの中島先生はまだ“暗い”ってイメージが強かったような気がするのですが・・・今となればそんなこと思いませんが。
淡々とした歌詞が凄く奥深くて恐いです。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年02月22日 21:52
当時、「中島みゆきを聴いている」と周りに言うとそれだけで、暗い奴!と言われるほどでした。
暗い!と言われなくなったのはいつの頃だろう?と思います。
90年代以降のミリオンセラー時代からだと思いますが。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月24日 23:43
「田舎からの手紙は文字がまた細くなった」阿久悠はじめ日本の作詞家がよってたかっても出てこないフレーズ!!
みゆき嬢座布団3枚!
人の流れの中で、人の流れに流されないよう時刻表を見上げる人になろうとその昔思っていた・・・・・。







Posted by mm at 2013年04月24日 16:04
初めてコメントさせていただきます。

家がちょっとうまくいっていないあの時
はじめて『フル金』を聞いたあの夜
エンディングに流れたのが『時刻表』でした。

まだ中学1年生だった自分の心に
ふっと温かいものが流れ落ちたのを感じた曲でした。
Posted by yosomimi at 2013年06月15日 21:45
初めまして。
実はかなり昔、「時刻表」がドラマの挿入歌になっているのをTVで見ました。
このドラマが何なのか探しています。
もしご存じでしたら教えて下さい。
Posted by siam_breeze at 2013年11月16日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。