2006年09月28日

C.Q.

中島みゆき「C.Q.」

中島みゆきさんの1991年に発売されたアルバム「歌でしか言えない」の1曲目に収録されてます。

遠い宇宙の彼方に放り出されたようなイントロ。
真っ暗闇な孤独感。
そんなイメージが垣間見られる「C.Q.」


「C.Q.C.Q.…、C.Q.C.Q.…」

「誰か居ますか?誰か居ますか?」
「誰か居ますか?何処には」
「誰か居ますか?生きていますか?聞こえていますか?」

この冒頭の部分、途轍もない孤独感を感じました。
誰も居ない様な真っ暗な宇宙。
星すら見れない宇宙の傍ら。

「ただ人が居ることを、ただ聞いてみたいだけ」
「何も欲しがりはしない、ただ聞いてみたいだけ」
「誰かの頷く声、誰かの頷く声」
「歩いた道のことや、仕事して来たことや」
「どうでもいいようなこと、ただ聞いてほしいだけ」

「咲いてた花のことや、拾ったボールのこと」
「ただ聞いてほしいだけ、ただ聞いてほしいだけ」

そんな傍らで、誰かに向かって信号を送る。
誰でもいい、とにかく誰かと話をしたい。
誰かと繋がりたい。

中島みゆきさんらしい、表現だと思います。

「突然波が通る、大きな波が通る」
「呼びかけても、応えない」
「大きな波が通る、名前やTel.ナンバー」
「I.D.ナンバー、クラスナンバー」
「そんなことつまらない、私を表さない」
「どうでもいいようなこと、ただ聞いてほしいだけ」

「孵ったヒナのことや、好きな人の話」
「ただ聞いてほしいだけ、ただ聞いてほしいだけ」

宇宙の傍らから、突然地上へと返って来ます。
何処かのアパートの一室。
そんな狭い空間へと戻ってきます。

宇宙の傍らと同じ位孤独な、狭い一室をイメージさせます。

名前、認識番号、そんなものじゃなく、自分を知って欲しい。
誰かを知りたい。
誰かの想いを知りたい。
聞きたい。
肩書きとか、建て前じゃなく、本音を聞きたい。
心から思ってることを聞きたい。

そんなことを言っている様な気がします。
やや飛躍した考えかもしれません。

この「C.Q.」は、遠い宇宙の話じゃなく、今そこにある現実に対するメッセージソングでしょう。

建て前だけの付き合い。
肩書きで人を見る心。

そんな風潮に皮肉を込めた、中島さんのメッセージ。
中島さんからの「C.Q.」

「C.Q.C.Q.…、C.Q.C.Q.…」
「C.Q.C.Q.…、C.Q.C.Q.…」

以下、Amazon.co.jp
での、「C.Q.」を収録したCDと夜会DVDの紹介です。

歌でしか言えない
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2001-05-23
おすすめ度:5.0


夜会 VOL.4 金環蝕
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2000-11-22
おすすめ度:4.5


ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
絶対みんな一回こんな感情が湧き出てくると思います。自分に自信がなくて不安で・・・小さな声で助けを求めてる感じ。。。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年03月17日 14:48
宇宙に放り出された様な感覚に浸れる曲です。
それでも誰かと繋がっていたい!
そんな感じの曲ですね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年03月18日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24535669

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。