2006年11月29日

重き荷を負いて

中島みゆき「重き荷を負いて」

アルバム「ララバイSINGER」に収録。

団塊の世代に贈った曲と言われてます。
詞の内容が、そんな世代に向けての応援歌とも、とれますね。
個人的には、全ての頑張ってる世代への応援歌と思ってます。

このアルバムの収録曲の中でも、特に話題曲となるのではと思います。

「足元の石くれを、よけるのが精一杯」
「道を選ぶ余裕もなく、自分を選ぶ余裕もなく」
「目にしみる汗の粒を、ぬぐうのが精一杯」
「風を聴く余裕もなく、人を聴く余裕もなく」

「まだ空は見えないか、まだ星は見えないか」
「ふり仰ぎ、ふり仰ぎ、そのつど転けながら」

「重き荷を負いて、坂道を登りゆく者ひとつ」
「重き荷も坂も、他人には、何ひとつ見えはしない」
「まだ空は見えないか、まだ星は見えないか」
「這いあがれ、這いあがれ、と自分を呼びながら、呼びながら」


どことなく「歌姫」「ファイト!」「ローリング」辺りに通じる詞の内容です。

人生の裏側、重たい心、悲しい現実。

心の叫びです。
自分で、自分を励ましながら、必死で生きている感じが伝わってきます。

躓いたり、辛酸舐めたり、やはりそんな人生への応援歌でしょう。
辛い想いを重ねてきた人には、かなり共感出来るんじゃないでしょうか。


「掌の傷口を、握るのが精一杯」
「愛をひろう余裕もなく、泥をひろう余裕もなく」
「ひび割れた唇は、噛みしめるのが精一杯」
「過去を語る余裕もなく、明日を語る余裕もなく」

「がんばってから死にたいな、がんばってから死にたいな」
「ふり仰ぎ、ふり仰ぎ、そのつど転けながら」

「重き荷を負いて、坂道を登りゆく者ひとつ」
「重き荷は重く、坂道は果てもなく続くようだ」
「がんばってから死にたいな、がんばってから死にたいな」
「這いあがれ、這いあがれ、と自分を呼びながら、呼びながら」


「がんばってから死にたいな」
この部分が、胸にグッときます。

傾斜」の中でも、人生を坂道に例えて、登れば登るほど、荷は重くなると言ってます。
この「重き荷を負いて」では、更にそれが現実を帯びている気がします。

他人には見えない「重き荷」。
この「重き荷」が、抱えてる人生そのものです。

とにかく「がんばってから死にたいな」

この一説が、心に響きます。


ララバイSINGER
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)瀬尾一三(Adapter)中村哲(Adapter)
発売日:2006-11-22
おすすめ度:5.0



中島みゆき - ララバイSINGER
ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ

 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
TBありがとうございました(^^)
こちらからもさせてもらいました。

ワタシなどは自分への応援歌だと
勝手に思わせてもらってますけど。
団塊の世代へ贈る、なのですかぁ。
なるほどですねぇ。

ワタシも中2の頃からみゆきさんの
曲を聴いております(^^)
また覗きに来させてくださいね(^^)
Posted by まやまん@房総 at 2006年12月10日 21:59
コメント、ありがとうございます。

この「重き荷を負いて」は、誰にでも通じる曲かもしれませんね。
最近の中島曲の中では、ピカイチです。

又、来てくださいね。

Posted by 黄色い犬 at 2006年12月10日 22:53
トラックバックありがとうございました。
まさに応援歌って感じで元気をもらって
ます♪
いろんな意味で自分と重なる部分があって。
最近はこのアルバムばかり聴いています。
素敵なサイトですね。早速お気に入りに
追加しました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ヒデボー at 2007年01月12日 05:46
こちらこそ、コメントもせず失礼しました。

この「重き荷を負いて」は、聴く人達全ての応援歌ですね。
人生観とか、感じる曲です。

お気に入りに追加、ありがとうございます。
これからも、いっぱい記事書きますね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年01月13日 23:28
はじめまして。この曲はいいですよね。
最近泣いてしまいましたよ。
Posted by ちょび at 2007年02月21日 21:17
ちょびさん、はじめまして。

この曲、聴けば聴くほど味が出る曲です。
自分も聴きながら泣いてしまいます。
「頑張ってから死にたいな」の部分、グッと来ます。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月21日 22:37
『ララバイSINGER』でもひときわ輝きを齎している曲ですね。やはり,背中を押してくれるような,そんな気がします。「頑張ってから死にたいな」ほんとにそう思えてきます。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年03月06日 21:55
この曲、最近もよく聴いてます。
「頑張ってから死にたいな」の部分、熱くなります。
「重き荷を負いて」のタイトルも何か大きなものを感じますね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年03月06日 23:00
力強い曲で感動しました。
両親に贈ってあげたい曲です。
Posted by Yucco at 2011年01月30日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『重き荷を負いて』
Excerpt: 足元の石くれをよけるのが精一杯 道を選ぶ余裕もなく  自分を選ぶ余裕もなく 目にしみる汗の粒をぬぐうのが精一杯 風を聴く余裕もなく  人を聴く余裕もなく
Weblog: 宮古島→BOSO?まやまん日記
Tracked: 2006-12-10 21:55

『重き荷を負いて』
Excerpt:  先日、このブログにも書きましたが、中島みゆきのニューアルバム『ララバイSINGER』がいいんです。あれからも何回も聞きなおしましたが、岩崎宏美30周年記念曲「ただ・愛のためにだけ」や、もちろんTOK..
Weblog: 大村の「PREMIUM」日記
Tracked: 2006-12-13 22:42

ぐぁんばってから死にたいな
Excerpt: 発売日からだいぶ経ってるが、ようやく中島みゆきの 『ララバイSINGER』を聴いた。 そして、この曲に打ちのめされている。 田家秀樹さんのいう“もう一曲のすごい曲”『重き荷を負いて』・・・ ..
Weblog: ミッドナイト・サウンド・ストリート
Tracked: 2006-12-15 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。