2006年12月10日

不良

中島みゆき「不良」

1984年のアルバム「はじめまして」に収録。

かなりロック色の強い曲です。
それにブルースな印象もあります。

御乱心時代と呼ばれた80年代の中島みゆきさんの際たる1曲だと思います。

イントロのドラム音からして、初めて聴いた時は驚きました。
これが中島みゆき?と耳を疑う様な感じでした。


「楽しいですか恋人たち、寂しいですか恋人たち」
「もう少し楽なことばで、話しませんか」
「裸で夜の海に浮けば、間違いだった数が解ける」
「1たす1は今夜も、1にはなれないね」

「遠くて男、寒くて女」
「抱きしめて、いるのにさ、腕の中の他人」

「あたしにも、幸せをまわしてよ」
「少しだけ、幸せをまわしてよ」


ハードロックナンバーの様なドラムのリズムに乗ってみゆきさんの歌声が響きます。

「1たす1は今夜も、1にはなれないね」のこの詞の部分が好きです。
抽象的な歌詞ですが、不思議と言わんとすることは伝わってきます。
幸せを感じられない当時の風潮を描いてると思います。


「わけなど何もなくても不良、女はすぐに転がる不良」
「だれかを好きになるたび、仔猫に逆戻り」
「男一度はなりたい不良、永くは呼ばれたくない不良」
「帰りの道の切符は、今夜も捨てないね」

「遠くて男、寒くて女」
「抱きしめて、いるのにさ、腕の中の他人」

「あたしにも、幸せをまわしてよ」
「少しだけ、幸せをまわしてよ」


「帰りの道の切符は、今夜も捨てないね」の部分、好きです。
とことん行く勇気も無く、こっそり帰る場所を用意している。
だけど、帰れる場所は、今は遠い場所。

どこに居てどこに向かってるのか?
改めて問い直した作品だと思います。

時代に対してのメッセージソング。
この「不良」は、そんな80年代の風潮を表した曲だと思います。


はじめまして
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2001-04-18
おすすめ度:4.5


ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
応援歌にもやはり,初期や現代のような力強さが感じられない気がします。やはり本人の迷いも見えてくる気がします。
Posted by ひばり吹雪 at 2007年05月07日 22:49
御乱心時代の象徴的な曲です。
中島みゆきさん自身の葛藤というか、そんな気持ちが感じられる曲です。
初めてのハードロック調の曲でした。
Posted by 黄色い犬 at 2007年05月13日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29368540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。