2006年12月24日

クリスマスソングを唄うように

中島みゆき「クリスマスソングを唄うように」

1987年のライブCD「歌暦」に収録されてます。
他のアルバム未収録曲です。

日付が変わって、12月24日現在。
数少ない中島みゆきさんのクリスマスソングです。

中島みゆきさんのクリスマスソング。
この曲が、初めてかもしれません。
1986年の国技館でのスペシャルライブ「歌暦」でしか、未だに歌われてません。


「クリスマスソング唄うように、今日だけ愛してよ」
「暦変われば他人に戻る」
「クリスマスソング唄うように、今だけ愛してよ」
「雪に浮かれる街のように」

「ひと晩の雪に騙されたように、街は突然に優しくなる」
「急に慈悲深くなった人々と」
「そして、変わらずに、すげない貴方(ひと)」

「クリスマスを理由に、雪を理由に」
「云えない思いを御伽噺」

「クリスマスソング唄うように、今日だけ愛してよ」
「暦変われば他人に戻る」
「クリスマスソング唄うように、今だけ愛してよ」
「雪に浮かれる街のように」


みゆきさん也のクリスマスの解釈です。
クリスマスもみゆきさんに掛かれば、立派な失恋ソング。

この「歌暦」では、ギターの弾き語りでした。
優しいメロディが印象的です。
どことなく寂しげな、それでいて人恋しくなる歌です。

1番のみの短い曲。
中島みゆきさんのクリスマスソング。
静かに聴いていたい曲です。

歌暦
ポニーキャニオン
中島みゆき(アーティスト)
発売日:1987-02-21
おすすめ度:5.0


ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
クリスマスソングというと,鈴のイントロから切ない若者らしい曲が思い浮かぶのですがみゆき先生に歌わせるとクリスマスが本当に色んな意味で面白くなります。。。。「暦変われば他人に戻る」とか,何か凄い哀愁感じます。
Posted by ひばり吹雪 at 2006年12月24日 13:39
すみません。早とちりなもので,上のコメントが出なかったので二件目を打ってしまいました。20:00投稿文の削除をお願いします。
Posted by ひばり吹雪 at 2006年12月24日 20:01
コメント削除完了しました。

「クリスマスソングを唄うように」は、中島さんなりのクリスマスソング。
詞もさることながら曲も良いですね。
一応、ライブCDに収録してますが、オリジナルアルバムで聴いてみたいもんですね。
Posted by 黄色い犬 at 2006年12月24日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30151763

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。