2006年12月26日

LOVERS ONLY

中島みゆき「LOVERS ONLY」

クリスマスソングを唄うように」に続く、中島みゆきさんの二つ目のクリスマスソング。
2001年のアルバム「心守歌」に収録。

この曲、苦手でした。
なんとなく中島みゆきさんっぽく無いような…。


「街じゅうが今夜だけのために、何もかも変わろうとする夜」
「ほんのひと月前の別れも、昔のことと許される夜」
「幸せにならなきゃならないように、人は必ず創られてると」
「あの日あなたに聞いたのに」

「Merry Xmas、Merry Xmas、恋人たちだけのために」
「Merry Xmas、Merry Xmas、すべてのドアが出迎える」
「Merry Xmas、Merry Xmas、1人ならどこへ歩こう」
「Merry Xmas、Merry Xmas、白い息が行方に迷う」

「街じゅうが今夜だけのために、何もかも変わろうとする夜」
「ほんのひと月前の別れも、昔のことと許される夜」


ここまで、Merry Xmasと連呼する曲って、どうだろう?と思いました。

ポイントは、1人ならどこへ歩こう!
みゆきさん也に、明るく賑やかなクリスマスのイメージに反した部分を出そうとしてると思います。

 
「本当の愛だけが、この夜までに結ばれるのが真実だよと」
「あの日あなたに聞いたのに」

「Merry Xmas、Merry Xmas、恋人たちだけのために」
「Merry Xmas、Merry Xmas、すべての傷は癒される」
「Merry Xmas、Merry Xmas、今夜の願いごとは叶う」
「Merry Xmas、Merry Xmas、愛のためにすべてが変わる」

「街じゅうが今夜だけのために、何もかも変わろうとする夜」
「ほんのひと月前の別れも、昔のことと許される夜」

「Merry Xmas、Merry Xmas、恋人たちだけのために」
「Merry Xmas、Merry Xmas、すべてのドアが出迎える」
「Merry Xmas、Merry Xmas」

この曲、Merry Xmasの部分が多いです。
多すぎるといっても良いくらいです。

中島さんのことだから、ただのクリスマスソングじゃありません。
しかもアルバム最後に収録されてます。

恋人たちだけのために
この恋人たちだけのために!が、やけに引っ掛かります。

これは、きっと恋人の居ない人にとって、クリスマスとは?
それを問うってるのかもしれません。

単純に恋人たちを祝福してるだけの歌じゃないと思います。


2001年のコンサートツアー「XXIc. 1st. 」にて、この「LOVERS ONLY」が歌われました。
景気良く歌い終わったみゆきさんは、ステージを去る時、一瞬客席を睨むように真顔で振り返りました。

このシーンが印象に残ってます。
この時のみゆきさんの一瞬の表情が、この曲の答えかもしれません。

心守歌-こころもりうた
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)瀬尾一三(Adapter)
発売日:2001-09-19
おすすめ度:5.0



中島みゆき - 心守歌
ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
『糸』と並ぶぐらい中島らしくない曲ですね。そんな,MerryXmasといわれても,どう返事したらいいのやら。。。でも,又違う中島が見れていいとも思いますね。
Posted by ひばり吹雪 at 2006年12月26日 19:04
80年代くらいまでなら、考えられなかった曲ですよ。
未だに違和感あるかな。
Posted by 黄色い犬 at 2006年12月26日 23:00
メリークリスマスの連呼は
町に流れる歌なんじゃないかな?
町は浮かれているのに、主人公は孤独。
恋人たちのためのイベントの日。
こんな日は余計に孤独になる。切なくなる。よくみゆきさんが書かれる、逆説的な詞なんじゃないかと・・・・
「クリスマスソングを唄うように」と
近い気が私はしていますが。

Posted by あんてぃーく・ろーず at 2007年01月01日 22:27
なるほど、やはりこの曲は、逆説的な意味合いで、メリークリスマスと何度も連呼してるんですよね。

アルバムの最後に収録されてるだけあって、意味があると思いますね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年01月01日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30283975

この記事へのトラックバック

『心守歌』 中島みゆき (ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
Excerpt:  クリスマスなのに中島みゆき・・・ではなく、クリスマスだから中島みゆき・・・なのです。
Weblog: Untidy Bookshelves
Tracked: 2010-12-24 11:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。