2007年02月06日

この空を飛べたら

中島みゆき「この空を飛べたら」

1978年に加藤登紀子さんへ提供した曲です。
研ナオコさんに提供した「かもめはかもめ」とほぼ同時期にシングルとして発売されました。

中島みゆきさんは、1979年のアルバム「おかえりなさい」でセルフカバーしてます。

この曲は、当初、加藤登紀子さんの歌う「この空を飛べたら」を先に聴いてました。
当時、この曲は28万枚のヒットを記録してます。
加藤登紀子さんが作ったオリジナル曲だと思ってた人も多かったと思います。


「空を飛ぼうなんて、悲しい話を」
「いつまで考えて、いるのさ」
「あの人が突然、戻ったらなんて」
「いつまで考えて、いるのさ」

「暗い土の上に、叩きつけられても」
「こりもせずに空を、見ている」
「凍るような声で、別れを言われても」
「こりもせずに信じてる、信じてる」

「ああ、人は、昔々、鳥だったのかもしれないね」
「こんなにも、こんなにも、空が恋しい」


この曲も「かもめはかもめ」と同様に終わってしまった恋を忘れられず、苦悩してる主人公の唄です。
その苦悩が、容易では無く、必死に自分と戦ってるような気がします。
この曲では、「空」が大きなモチーフです。
「鳥」と言う表現も中島みゆきさんの曲の中では、多いです。


「飛べる筈のない空、みんなわかっていて」
「今日も走ってゆく、走ってく」
「戻る筈のない人、私わかっていて」
「今日も待っている、待っている」

「この空を飛べたら、冷たいあの人も」
「やさしくなるような、気がして」
「この空を飛べたら、消えた何もかもが」
「帰ってくるようで、走るよ」

「ああ、人は、昔々、鳥だったのかもしれないね」
「こんなにも、こんなにも、空が恋しい」


別れた相手を無理だとわかっていても、何処かで待ってる自分。
そのどうしようもない心。
そのどうしようもない心が、空を飛ぶ鳥なのかもしれません。
人間が、鳥になって空を飛ぶのは、不可能。
そのくらい、別れた相手が戻ってくるのは難しいのでしょう。

この「この空を飛べたら」は、詞ももちろんですが、曲がとても良いです。
シャンソンの様で、深い曲調が魅力的です。
加藤登紀子さんだから歌いこなせるのかもしれません。
これが、中島みゆきさんだと、又違った「この空を飛べたら」に仕上がってます。
どちらもお勧めです。



このアルバムを紹介するのは、初めてかもしれません。
他のシンガーへの提供曲を集めた中島みゆきさんの初のセルフカバーアルバムです。
おかえりなさい
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)後藤次利(Adapter)福井峻(Adapter)鈴木茂(Adapter)
発売日:2001-03-28
おすすめ度:4.5


「この空を飛べたら」を含む、新たに歌いなおしたセルフカバーアルバムです。
いまのきもち
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)瀬尾一三(Adapter)
発売日:2004-11-17
おすすめ度:4.5


スタジオライブCD(スーパーオーディオハイブリットCD)です。
中島みゆきライヴ! Live at Sony Pictures Studios in L.A.
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)瀬尾一三(Adapter)
発売日:2005-03-23
おすすめ度:4.5


スタジオライブのDVDです。
中島みゆきライヴ!
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2005-03-23
おすすめ度:4.5


加藤登紀子さんのベストアルバム。
「この空を飛べたら」も収録されてます。
GOLDEN☆BEST/加藤登紀子
Sony Music Direct
加藤登紀子(アーティスト)
発売日:2002-06-19
おすすめ度:5.0



中島みゆき
ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』
にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
シャンソン系といわれるとまず『愛の讃歌』を思いだします。前述の曲は私のカラオケの十八番なのですが『この空を飛べたら』の方が難しい気がします。
歌詞を見るだけでも奥深い曲でどう表現したらよいのか分からないです。歌詞も曲調も文句無なのですが。。。この頃の中島先生は音符は簡単なのに壮大すぎて歌いにくかったように私は思ってしまうのですが!?
Posted by ひばり吹雪 at 2007年02月07日 16:21
「愛の賛歌」を歌えるなんて、凄い!
この「この空を飛べたら」も、難しい曲だと思いますよ。
なかなか歌えません。

この曲も、抑えた歌い方の方が伝わりやすいかな。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月08日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33041642

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。