2007年02月18日

ひまわり“SUNWARD”

中島みゆき「ひまわり“SUNWARD”」

1994年のアルバム「LOVE OR NOTHING」の収録曲。
このアルバムの中では、この「ひまわり“SUNWARD”」が特にメッセージ色が強く、中島みゆきファンの間でも曲の解釈について、いろいろと議論になったと思います。

誰のせいでもない雨が」や「僕たちの将来」「吹雪」にも何か通じる曲だと思います。

「あの遠くはりめぐらせた、妙な柵のそこかしこから」
「今日も銃声は鳴り響く、夜明け前から」
「目を覚まされた鳥たちが、燃え立つように舞い上がる」
「その音に驚かされて、赤ん坊が泣く」

「たとえ、どんな名前で、呼ばれるときも」
「花は香り続けるだろう」
「たとえ、どんな名前の、人の庭でも」
「花は香り続けるだろう」


時代から考えると、この曲の入った「LOVE OR NOTHING」が発売された1994年前は、旧ユーゴスラビアやアフリカ各地で民族間による大規模な紛争が世界のニュースを騒がせました。
この時代、民族間での虐殺が続いたり、日本に居ると考えられない大規模な紛争が絶えずどこかで起こってました。

どうも、その辺りがこの曲のテーマにもなってる気がします。
時代性を物語った曲の様に思えます。


「私の中の父の血と、私の中の母の血と」
「どちらか選ばせるように、柵は伸びてゆく」

「たとえ、どんな名前で、呼ばれるときも」
「花は香り続けるだろう」
「たとえ、どんな名前の、人の庭でも」
「花は香り続けるだろう」


「柵」と言う言葉が気になります。
ベルリンの「壁」を思い出します。
この「柵」とは、なにか大事なものを遮る人工的な冷たいイメージです。
権力とか、力をもイメージさせます。


「あのひまわりに訊きにゆけ」
「あのひまわりに訊きにゆけ」
「どこにでも、降り注ぎうるものは、ないかと」
「だれにでも、降り注ぐ愛は、ないかと」


ここで初めてタイトルの「ひまわり」が登場します。
「ひまわり」のイメージとして、明るいイメージが強いです。
「柵」の様な人工的なものじゃなく、生きているイメージが強いです。

「柵」「銃声」「赤ん坊が泣く」
途轍もない悲しみの中、明るい「ひまわり」が、何かを象徴してます。

勝手な解釈ですが、「ひまわり」とは、純粋な心を表している様に思えます。
或いは、「良心」とか「人情」「愛」
「神」とも取れます。

とかく「ひまわり」は、明るいイメージです。
争いの無いイメージです。
争いの対極にあるものとして、ここで登場している気がします。


「たとえ、どんな名前で、呼ばれるときも」
「花は香り続けるだろう」
「たとえ、どんな名前の、人の庭でも」
「花は香り続けるだろう」
「たとえ、どんな名前で、呼ばれるときも」
「花は香り続けるだろう」
「たとえ、どんな名前の、人の庭でも」
「花は香り続けるだろう」


この「ひまわり“SUNWARD”」は、抽象的な歌詞ですが、中島みゆきさんが伝えたい気持ちは、しっかり伝わってくる曲です。
詞の細かな意味がわからなくても、この限られた言葉の中から、しっかり伝わる想いを感じるとこが出来ます。

ふと「EAST ASIA」を思い出します。
この「EAST ASIA」も同じ時期の曲です。
この曲も国について語られた曲です。

やはり、当時、中島みゆきさんは、世界情勢に対して無関心で居られなかったと思います。
中島みゆきさんなりのメッセージソングでしょう。

LOVE OR NOTHING
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)瀬尾一三(Adapter)
発売日:2001-06-20
おすすめ度:4.0



中島みゆき - LOVE OR NOTHING
ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
私もこの曲は初めて知りました。最近のチャリティソングなんかにも凄くメッセージ性が感じられるんですが当時の時代背景もあってか凄く生身のメッセージを聞けました。力が入っていて・・・こういう歌詞は誰にも出てこないと思います。

(中島先生の誕生日が迫ってきてます。。。)
Posted by ひばり吹雪 at 2007年02月19日 21:43
パワーを感じる曲です。
行進曲の様なアレンジで、詞の内容を一層盛り上げてます。

この曲も隠れ名曲ですね。
生では、一度だけコンサートで聴きました。
最後のアンコールで歌われて、この曲の後に「ファイト!」で締めました。

Posted by 黄色い犬 at 2007年02月19日 22:12
ふくと申します、こんにちは!

ひまわり”SUNWARD"・・・この歌は、聴いていても、なんだか、ものすごいメッセージ的なものを感じます。

車で片道15分ほどの通勤距離なのですが
行きも帰りも、ここのところ、ずっと
”EAST ASIA" ばかり聴いています。

♪〜 私のくにをどこかに乗せて 地球は
   くすくす笑いながら廻ってゆく

もう、歌がここのところに来ると
時々、一緒になって大声で歌いながら、
運転してます・・(笑)
スケールのでっかい?歌だなぁ・・・って

大好きな歌は、ホントにいろいろとたくさんありすぎて、決められないけれど・・・

今、一番大好きな歌のひとつ・・・です!

すいません、長々とコメントを書き込んでしまいました。ごめんなさい・・・
Posted by ふく at 2007年02月23日 17:15
ふくさん、はじめまして。

この「ひまわり“SUNWARD”」と「EAST ASIA」は、ホントスケールが大きい曲ですね。
地球規模で歌ってます。

中島みゆきさんのこういうタイプの曲、好きですよ。
メッセージ色が強く、聴いていても熱くなるタイプの曲ですね。

コメントありがとうございました。
Posted by 黄色い犬 at 2007年02月24日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。