2007年04月04日

シニカル・ムーン

中島みゆき「シニカル・ムーン」

1984年のアルバム「はじめまして」に収録。
このアルバム「はじめまして」のコンセプトにむ通じる曲です。

「はじめまして」の中の他の曲と比較しても、この曲は一見目立たないタイプの曲です。
しかし、この時代の中島みゆきさんにとって、ある意味顕著に思考が表れてる曲でもあります。

「ふたり歩くのが似合いそうな春の夜は四月」
「すこし肌寒いくらいの風が寄り添いやすい」

「月並みな愛は古すぎる、突然な愛は気障すぎる」
「言いたいことばだけ、言わせないつもりか」
「皮肉な流し目」

「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「わかったような月が心をのぞく春は」
「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「ふたりは十年先を怯えてしまう」


シニカルとは、冷ややかな笑い、皮肉的と言った意味です。

曲の季節は春、4月。
暖かくなった季節に2人で歩く恋人達をモチーフにしてます。
物事をクールに捉え、曖昧な状態を続ける2人の心の不安。
1番の歌詞から、なんとなくですが感じることが出来ます。

広く浅くを美徳としている世代。
本音を語るのが、カッコ悪いと思っている世代。
そんな世代への中島みゆきさんからのメッセージソングかもしれません。


「肩にまわした指に積もる花びらひんやり」
「すこし薄着のうなじの上、髪の先が逃げる」

「好きだと言えば不安になる、言われていなきゃ不安になる」
「言えないことから、伝わってしまう」
「皮肉なものだね」

「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「わかったような月が心を照らす春は」
「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「無邪気だったおまえの寝顔が好きだ」


この曲から、うやはり「本音」と言うキーワードが浮かびます。
相手の本音がわからない。
自分の本音が伝えられない。
本音を伝えるのが怖い。
そんな不安な精神状態が垣間見られます。

80年代は、コミュニケーションを苦手とする世代が話題ともなりました。
その後も、顕著に表れてきてるような気もします。

中途半端な状態が心地よくて安心しつつも、中途半端な状態に不安になる。
自由も嫌だけど束縛も嫌。
そんな感じでは無いでしょうか。

中島みゆきさんは、そんな世代にこの頃何か感じるものがあったのではないかと思われます。


「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「わかったような月が心をのぞく春は」
「シニカル・ムーン、シニカル・ムーン」
「ふたりは十年先を怯えてしまう」


この曲も哲学的で宙所的な歌詞が特徴的です。
この時期の中島みゆきさんらしい曲だとも思えます。
この曲の伏線として、同じアルバム「はじめまして」に収録されてる「僕たちの将来」があるような気がします。
「はじめまして」の1曲目「僕は青い鳥」にも通じます。
特にアルバム「はじめまして」は、中島みゆきさんのアルバムの中でも、一際ミステリアスなアルバムです。

はじめまして
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
中島みゆき(アーティスト)
発売日:2001-04-18
おすすめ度:4.5



中島みゆき - はじめまして - シニカル・ムーン
ヤマハの音楽ダウンロードサービス『MySound』にて、中島みゆきさんの全曲をダウンロード出来ます。

ランキングに参加してますので、記事が気に入った時にでも、クリックしてもらえると嬉しいです。
人気blogランキングへ
タグ:中島みゆき
 iTunes Music Store(Japan)
この記事へのコメント
この時代の人へのメッセージは凄く“教え”という部分にも一致しそうな気がします。中島ソングに励まされる世代なのかもしれません。

(改めまして常葉菊川高校の優勝おめでとうございます。母校の優勝は喜びもひとしおのことだと思います)
Posted by ひばり吹雪 at 2007年04月04日 20:15
母校が優勝ってやはり嬉しいものですね。

この「シニカル・ムーン」をはじめ、御乱心時代の中島みゆきさんは、サウンド面が取りざたされることが多かったのですが、詞の世界がもっとも際立った時期でもあります。
行間に見え隠れするメッセージが、この頃の曲には、多く見られますね。
Posted by 黄色い犬 at 2007年04月04日 23:33
ふくです!おじゃましてます!

改めまして、母校の優勝!
おめでとうございます!

シニカルムーン・・・
懐かしいですね!

そういえば、これも、あの御乱心の頃のだったのですね・・(笑)
Posted by ふく at 2007年04月08日 00:14
ありがとうございます。

そうです。
「シニカル・ムーン」は御乱心時代の曲で、独特な詞の世界観ですね。

地味なタイプの曲で、なかなか一般受けしないと思うけれど、この頃の中島みゆきさんの中でも必然的な曲だと思います。
Posted by 黄色い犬 at 2007年04月10日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37748022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。